モンテッソーリ教育

 モンテッソーリ教育の創始者であるM.モンテッソーリは、医師として並びに教育者としての子どもの観察から子どもの知性(知的好奇心)に注目しました。そして、子どもはその知性により感覚器官や運動器官を使い、周囲の環境をその精神にスポンジのように吸収しているということに気づいたのです。さらに、その知性が満たされることにより子どもは満足し、人格が円満になっていくことがわかっています。また、知性は科学する力を醸成し、それが自らをつくり上げる欲求、即ち自立への渇望を生み出し、自発性のある子どもへと導いてくれるのです。

 モンテッソーリ教育では、感覚教具、算数教具、言語教具、文化教具など子どもの特性を考慮した教具や日常生活の練習のための用具などを用いて、自立し、自信を持ち、有能で思いやりと責任感がある人格の形成を図ります。そして一生涯学び続ける人間へと育っていくことを目指しています。

大人 環境の整備 環境を構成する用具や教具の提示 子ども 自己選択 お仕事を自分で選ぶ。はじめはおもしろそうだからという理由で選ぶが、そのうち自分の敏感期に見合ったお仕事を選ぶようになる。主体性、自主性、自発的活動の出発点。 集中現象 一生懸命関わる。 集中力。 正常化 充実感、達成感をもって、より次元の高い方向へ成長していく。自立に向かって正しい方向に踏み出す。

モンテッソーリ教育の創立者について

Maria Montessori モンテッソーリとは、この教育法を創りだしたイタリア人のマリア・モンテッソーリ(1870~1952)という人物に由来しています。現在は世界中に広く普及し実践されています。

 イタリア初の女性医学博士となったマリア・モンテッソーリは、当初、知的障害児の教育に携わりました。その際に障害児を健常児のレベルにまで高めたことが発端になり、子どもを科学的に観察し研究して、子どもが特定の時期に特別な法則に従って自己を形成していく道筋を明らかにしました。

 彼女の教育方法の合理性は今世紀初頭以来、学者たちによって、科学的にも教育学的にも次々に証明されてきました。

モンテッソーリ教育では具体的にどんな活動をするのか?

 モンテッソーリ教育の各分野には子どもの感覚と知性の発達に相応して系統だてられ、良く考えられた用具や教具がたくさんあります。子どもは、それらの用具や教具を自ら自由に選び、取り組みます。子どもが興味を持って自発的に取り組めるように保育士は余計な手を出さず、見守るようにします。どうやってよいかわからないでいる子どもには、保育士が用具や教具の扱い方をゆっくり示してあげます。子どもは、自発的に用具や教具に関わると知的好奇心が刺激されて、いつしかその活動に没頭し、集中して何度も繰り返し作業を続けます。

 やがて満足してその作業を終えます。このことを繰り返すことにより、子どもは知性が開花し(遊んでいるだけでは、論理的に考える力が身に付きにくい)、やり遂げた達成感や充実感から円満な人格をつくりあげるのです。

 モンテッソーリ教育には、「日常生活の練習」「感覚教育」「言語教育」「算数教育」「文化教育」があります。

日常生活の練習

「自分の意志通りに動く体を作ること」「子どもの内面に自立心、独立心を育てること」「人格形成に必要な理解力、行動力、意志力、集中力などを養成するとともに、社会性を養うこと」を目指しています。日常生活の中にある動作を練習します。

 「立つ、座る、歩く、走る、跳ぶ、はねる、線上歩行、物を持って歩く、あけ移す、注ぐ、ねじる、打つ、抜く、しぼる、めくる、塗る、縫う、掃く、洗濯する、たたむ、磨く、ちぎる、攪拌(かくはん)する、巻く、花をいける、点滅、押す、アイロンかけ、つまむ、切る、折る、通すなど」

montessori_ph1_01

「アイロンのかけ方」 運動の調整・アイロンのかけ方を知る。モンテッソーリ教育の用具は子どもに合うサイズで本物を用いる。

montessori_ph1_02

「静粛練習」 この練習を毎日することによって静けさを好み、自己抑制力、落ち着きや忍耐力のある子どもに成長していく。

 

感覚教育

「抽象的概念獲得の促進」「感覚の洗練」「物を考える時の方法の獲得」を目的としています。円柱さし、触覚板、雑音筒、味覚びん、嗅覚筒など、21の教具があり、それぞれの教具が視覚、触覚、聴覚、味覚、嗅覚を刺激し、感覚を洗練させていきます。

 感覚教具を扱う(対にする=P、段階づける=G、類別する=S)ことにより、子どもの知性がより開花していき、言語教育、算数教育につながっていきます。

montessori_ph1_03

「雑音筒」 音の強弱に気づかせ、段階づけさ せる。手首の運動の調整を行う。

montessori_ph1_04

「茶色の階段」 視覚を通して二次元(太さ)の関係を知る。目と手の協応動作の発達、運動の調整、注意深い観察力を養う。角柱の概念の導入。

 

言語教育

「母語を正確に理解し、母語で表現する能力を養うこと」「知性の発達を促すこと」「文化を受容し、伝承し、新たな文化を創造するために豊かな人間性を養うこと」を目的としています。

 「話しことば」「書きことば」「文法」「文章構成」が大きな流れとなっています。言語教育では、絵カードをはじめとして教師の手作りによる教具が多く使われます。

montessori_ph1_05

「砂文字板」 筋肉記憶と視覚・聴覚・触覚の総合的作業を通して、字形と音を印象づける。書くための準備・筋肉と意志の調整・観察力や集中力を育てる。

montessori_ph1_06

教師手作りの教具。「花弁」「おしべ」「めしべ」「がく」の「花」を構成する要素を文字と色と絵で説明している。

 

算数教育

量物(数量) ⇔ 数詞 ⇔ 数字 「生活を通して漠然と数量に親しんでいる子どもが論理的に数量概念を認識して、算数を体系的に学ぶ」「子どもが文化を吸収するために、また、人格を形成するために必要な論理的に思考する力、理解力、判断力などを養う」ことを目的としています。(決して幼児期に、かけ算ができることや、割り算ができることを目的としているのではなく、もっと次元の高い視点で算数教育を与えています。)

 「算数棒」や「1、10、100、1000の金のビーズ」等、20種類の教具を扱うことによって、0~10までの数の三者関係の一致を経験します。10までの数を獲得した子どもは次に十進法の規則に則って、いわゆる加減乗除の演算に進んでいきます。このような流れに沿って、最終的には教具を使わないで、頭の中だけで数を操作する段階である暗算、つまり最も抽象的な階段へと導かれていくのです。

montessori_ph1_07

「算数棒」 一段階目は1~10までの量の認識、1~10までの量に相当する数詞を知る。十進法への準備、数の概念の導入。

montessori_ph1_08

「算数教育」 教具はすべて、系統ごとに教具棚に入っている。自分の「お仕事」の教具を選び、取り出し、作業し、片付けるまでを行う。

 

モンテッソーリ活動のことを「お仕事」というのはなぜか?

photo

 子どもは、モンテッソーリ教育の活動(作業)をすることによって、自分で自分を育てるという偉大な仕事に取り組み、努力をしています。これは、誰にも代われないことです。

 それで、子どものしていることを尊重するという意味で、作業を子どもの側から見て「お仕事」といっています。右の写真は、上から「切る」お仕事、「洗う」お仕事、「結ぶ」お仕事をしている様子です。

 子どもの、その時々の敏感期を逃す(利用しなかった)損失は決定的なものです。その時期にすべきことをしないで後でしようとすれば、数倍の苦労をし、心理的にもつらい思いをしなければならず、しかもその割にはうまく習得することができません。敏感期は一時的なものですが、その一定期間を良く生き抜いた結果として得る恵みは、生涯に及びます。

 このようにそれぞれの敏感期は、その子どもの一生を左右するような大切な時期でありますので、私達保育士は常に子どもをよく観察し、その子が今、何に対して敏感期にあるのかを知り、その子の敏感期に見合った環境を整え、与えていきたいと思います。

 以上、人格の根を形成する大切な乳児期にしっかりした根を張ることにより、小学校に行っても自ら考えて学んでいけるように育ってくれることを願い、保育に当たっています。